ライフスタイル

汚部屋出身でもできるオシャレ部屋のつくり方

賃貸でもオシャレ部屋にしたい。

オシャレ部屋にするには何を買えばいいのか分からない。

 

こんな疑問に答えます。

 

まずオシャレ部屋とは

シンプルさと複雑さのバランスが 7:3 であることです。

 

シンプルさ

物が少ない、柄がない、色物が少ないなど。

統一感があると言い換えることもできますね。

 

とりあえず収納は無印良品で揃えておけばOKって感じです。

 

 

複雑さ

間接照明でアートや植物を照らすことによって実現する。

照明で照らした部分を強調するという役割があります。

Tommyさん曰く、多灯分散という考え方を用います。明るいシーリングライトではなく小さな間接照明を複数置く。

 

 

 

シンプルさには断捨離が必要

 

整理整頓だけでは同じ空間内でモノが移動しているだけです。

家庭訪問を思い出してください。

賃貸暮らしだとスペースが限られているので、理想のオシャレ部屋にするには断捨離が必要なのです。

 

オススメの断捨離法

 

サマリーポケットなどの倉庫サービスを使う。

サマリーポケット などのサービスを使う。

→モノを持つことにコスト(家賃)がかかることに気付けます。

以前は漫画を集めていましたが、たまにしか読まない漫画に家賃を払うのが無駄と感じて電子書籍サービスに移行しました。

 

本棚・衣類収納ケースを捨てる

本・服は誰でもできるし簡単です。

モノを減らして空間を確保する。

元を断てば中身もなくなります。

 

本は電子書籍に移行する。服はシーズンごとに上限を決めておく。(夏はTシャツ5枚など)

 

 

使うモノの定位置を決める

散らかるのを防止できる。定位置に置けないものはいらないしそれ以上モノが増えることがなくなる。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

賃貸でオシャレ部屋を作るには、断捨離が不可欠です。

 

その上で確保したスペースに自分のお気に入りのアイテムを置きましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かわさき

26歳|エンジニア|奨学金200万円返済中|ミニマルデザインなアイテムが好き。断捨離、スキルワーク、ライフハックについて発信しています。

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© SUKE BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.