ライフスタイル

学校では教えてくれない必須スキル

学校では習わないけど必須のスキルを知りたいな。

 

こんな疑問に答えます。

 

目次

1.収納スキル

2.掃除スキル

3.手放す力

4.自炊スキル

5.節約スキル
(固定費削減)

6.外注スキル

7.仕組化

 

1.収納スキル

家庭科でも親からも習わないのが収納スキル。

8年間の賃貸暮らしで身につけたものです。(一人暮らし→二人暮らし)
整理収納アドバイザーの教科書にて学べます。

・服の限度を決める

・モノの定位置を決める

・大きさでグルーピングする

・使用頻度が高いものをとりやすい場所へ

→結果:モノを探す時間を削減でき、必要以上にモノを買わなくなる。

 

2.掃除スキル

部屋の状態がその人を表すといいますが、まさにその通り。

こまめにやれば汚れはたまらないし掃除も楽なのについつい後回しにしてしまいがち。

万能掃除アイテムを揃えて家はスッキリと

・ウタマロ(中性洗剤)

・重曹/クエン酸

・漂白剤

・スクラビングバブル

 

3.手放す力

モノを手放してくことは訓練です。業者に片付けを頼んでもすぐリバウンドしてしまうのはそのため。

常にこれは自分にとっては必要か?という問いをし続けること。

捨てても本当に必要なモノであれば自分に帰ってきます。

 

4.自炊スキル

筋トレしていて思うのが、筋トレだけでは体は変わらないということ。

トレーニング+食事によって体は作られます。

 

外食が多い人は自炊スキルを身につけると健康にもなって食費を抑えることもできるのでいいことしかない。

作るのは手間だが料理自体を楽しむことが大事。

効率だけでいえば毎日デリバリーのほうが楽なので。

 

 

5.節約スキル
(固定費削減)

節約に重要なのが、満足度を下げずにお金の出費だけ抑えるということ。

こまめに電気を消すといったやり方は神経を擦り減らすだけで効果は薄い。

シェアハウスで家賃を下げるなど効果の大きいものから実践。

総じてお金持ちはコスト感覚に敏感である。

 

6.外注スキル

会社員の仕事だけやっていると分からないのが外注のメリットや仕方。

雇われる側から給料を払う側にまわる知識を知っている人は少ない。

だからこそ良い外注ができれば効率もアップし利益が上がる。

副業解禁時代には是非習得したいスキル。

 

7.仕組み化スキル

ある程度マネジメントができるようになったら一部を他の人にお任せしたり機械にやってもらったりすると自分の時間が増える。

時間は有限なので仕組み化スキルを持っている人はその時間分他の人と差が開く。

こうして貧富の格差は広がる。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は学校では習わない必須スキルについてご紹介しました。

生活力があるとそれだけで心の余裕が違うものです。

 

自分もまだまだスキル不足だと思うのでさらに磨いていきたいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かわさき

26歳|エンジニア|奨学金200万円返済中|ミニマルデザインなアイテムが好き。断捨離、スキルワーク、ライフハックについて発信しています。

-ライフスタイル
-

Copyright© SUKE BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.