固定費削減

嘘つきは借金ができなくなる?審査で嘘をつくことはできるか

4月 5, 2020

こんな方におすすめ

これから今後借り入れを検討している方や
高額な事業融資を受ける予定の方

キャッシングやカードローン審査の基準は各業者によって異なります。「カードローンの審査の際にはその他の借り入れや支払状況を嘘なく申告」し、自分で支払いが出来る金額を借り入れします。基本的にカードローンの審査においては、業社もあなたが借入可能な申込み人かどうか審査します。申込人も借り入れできるかどうかを審査しますが、カードローン審査規準も各メーカーによって異なりますし、審査で嘘つきとみなされると借り入れができなくなる場合もあります。

✓目次

審査で嘘をつくとどうなる?
借金の審査での嘘
借り入れで住所など偽る
まとめ

審査で嘘をつくとどうなる?

各カードローンの審査基準は、各業者の審査の内容も異なり「最高限度額を決定し、その際に在籍確認、または給与証明の確認等」を行います。誰でも申込みが可能で、嘘つきでなく正直ん借入状況を伝えれば主婦や、アルバイト、フリーターの方も収入を証明できれば借入可能で使いやすいサービスですが、利用者はカードローンの審査に通過する必要があり、また審査では嘘や偽りなく自分の借入状況を答えないと借り入れできないこともあります。

借金の審査での嘘

業社も信頼できる申込人に貸付していますので、借金の審査時に嘘をつくことはNGです。
「キャッシング、カードローンを利用したい方24時間の審査」を受け付けています。まずは本人確認この時点で自分の身分証明書でないと借り入れはできません。
その後カードローン審査ではで自分の他社の借り入れ、債務の申告をしますが、ここで嘘をついてしまうと業社も首をかしげてしまいます。業社サイドは申込人の借入状況を確認可能なので、「今までの借り入れは申し込みした会社で調査可能」です。業社も申込人を調査し業社も嘘つきでなく信頼できる申込人ならば限度額なども多めに貸付します。

偽りなくスムーズな借り入れはいくら借り入れ可能か?

金融会社からの借り入れは個人の収入屋現在の借り入れ状況次第です。返済可能な金額を希望金額に「総重量規制によって年収の三分の一」共決められています。また申込人は自分で返済が出来る、責任が持てる金額を設定してカードローンの審査で正直に答える事で借り入れが可能になります。

まとめ

借り入れを行うことが出来る金額は収入とと比較すると共に審査でも総重量規制によって「年収の三分の一」までの金額までしか借り入れが出来ないようになっていますので、事前に自分で返済計画を建てることが可能です。返済可能な金額を希望金額に設定し年収なども偽りなく答えましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すけまる

26歳|ライフハックエンジニア 将来への不安から過去の自分に向けたブログを書き始める。 文系早稲田卒→IT企業→動画編集→プログラミング学習→エンジニア転職|奨学金200万円返済中|『人生の不安を取り除きラクに生きる方法』を書いてます

-固定費削減
-

Copyright© すけまるのライフハックBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.