固定費削減

借金にまつわるライフイベント

3月 20, 2020

こんな方におすすめ

人生のライフイベントで知らず知らずにお金を使っているなぁ
ほんとうにそのお金って必要なのかなぁ

こういった疑問に答えます。

元々19歳後半あたりからちょくちょく借金が始まり、150万円ほど借金をした私が解説します
※債務整理をしてからは一気に楽になりました

✓もくじ

1.キャンパスライフは楽園ではない

2.リボ払いはするな

3.結婚式は必要か

 

■1.キャンパスライフは楽園ではない

大学生になって単身上京し、夢のキャンパスライフ。
家は貧乏ではないが、裕福でもない一般的な家庭に生まれた私は当然奨学金を借りて大学に進むことにしました。
始めは働いてから返せば良いと思っていましたが、よくよく考えてみるとただの借金。
大学に行ったからリターンがある訳ではありません。サラリーマン1年目が過ぎたが貯金はあまり貯まらず、正しい選択だと言えるのか現在も考えてしまいます。

■2.リボ払いはするな

海外旅行
旅行のためのリボ払いが多重債務の入り口になる人は結構多いです。
リボ払いではなく金利の低いところからお金を借りたり、無理のない範囲で海外旅行にいきましょう。

ギャンブル
パチンコ等はやめましょう。負ける確率の方が高いです。

投資
私の頃は仮想通貨が流行っていました。

サークルの合宿
意外とお金かかりますが、得られるものはあまりないです。

資格取得
実際の就職には何の役にも立たない。

■3.結婚式は必要か

冠婚葬祭にはやたらとお金がかかるが、そこまでお金をかける必要はない。
それでも冠婚葬祭ビジネスが無くならないのは、大人は見栄を張るからである。
プライドを捨てれば、無用なお金を節約できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すけまる

26歳|ライフハックエンジニア 将来への不安から過去の自分に向けたブログを書き始める。 文系早稲田卒→IT企業→動画編集→プログラミング学習→エンジニア転職|奨学金200万円返済中|『人生の不安を取り除きラクに生きる方法』を書いてます

-固定費削減

Copyright© すけまるのライフハックBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.