固定費削減

債務が払えない?法的な借金 一括返済の仕方をご紹介!

4月 18, 2020

こんな方におすすめ

借金でどうしようもない方、借り入れをしているお金の返す目処が立たない方におすすめの返済方法があります。まずは法的に解決するために弁護士に相談しましょう。「債務整理、任意整理、自己破産」などを選択する事が出来ます。法的な解決ならば借金を一括返済することも可能なのです。

また、多重債務者の方は法的に解決することが可能です。

 

✓目次

債務が支払えない時
借り入れした金額が増えているときの法的措置
借金一括返済の仕方
まとめ

債務が支払えない時

借り入れしている返済金額が増えすぎてしまい借金でどうしようもない方、 債務が支払えない時、個人の借金返済を解決するための法的な手続きは「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4種類に分かれます。状況や金額によって異なります。借り入れしているお金に関しての返済方法ですが、これ以上支払う余裕のない方、返済に充てるお金がない方、パンクしそうな方は十分に検討の余地があります。

 

借り入れした金額が増えているときの法的措置

 

もし返済が困難と感じた方は法的に解決するようにしましょう。借金でどうしようもない方、そのままにしておくと債務が増えて債務が増え多重債務者になってしまうこともあります。多重債務者になってしまいますと返済も困難で、出来なくなるほどの金額になってしまいますのですぐに対応しましょう

「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」などの法的な対応が必要です。借金の返済は債務整理を行うことで返済できるように環境を整えることが出来ます。借り入れしている金額が500万円あったときに債務整理を行うことで、その分の利息をカットした金額での返済が可能となります。

 

借金一括返済の仕方

 

一括で借金を解消するならば自己破産ですが、こちらは所有している財産を失う可能性もあるので、債務整理ならば、利息すぉ止めて支払うことが可能で任意整理は借り入れしている額面を減額した金額での紗来が可能となり借金一括返済が可能となります。

高金利のカードローンとショッピングローンのみ任意整理でも整理する業者を選ぶことも出来ます。整理する業者としない業者に分ける。また借り入れしている金額が多い場合にはしっかり手続きしておくことが大切です。

 

まとめ

自己破産は全ての借金を帳消しにできる最終手段的な方法です。本当にどうにもならない場合は、自己破産がお勧めです。支払額を減らす事で、借金返済が可能になる場合に行うのが任意整理になります。特定調停は簡易裁判所に申し立て、調停委員を仲裁役として、債務者の経済的再建を行うことが出来ます。借金問題に詳しく、任意整理の実績がある弁護士を探しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すけまる

26歳|ライフハックエンジニア 将来への不安から過去の自分に向けたブログを書き始める。 文系早稲田卒→IT企業→動画編集→プログラミング学習→エンジニア転職|奨学金200万円返済中|『人生の不安を取り除きラクに生きる方法』を書いてます

-固定費削減
-

Copyright© すけまるのライフハックBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.