プログラミング

エンジニア転職の体験談

エンジニア転職って実際どうなの?

こんな疑問に答えます。

 

 

未経験からエンジニア転職はきつい

 

ぶっちゃけ未経験からエンジニアに転職するのはきついです。

最初はですが。

 

まず学習することが多いからですね。

ただエンジニアと一口に言っても

Webエンジニア(サーバーサイド)

Web制作エンジニア

アプリエンジニア

フロントエンドエンジニア

バックエンドエンジニア

機械学習エンジニア(Machine Learning)

クラウドエンジニア(インフラ)

QAエンジニア など

種類が分かれているので、「こういう仕事がしたいから○○エンジニアになる。」

という部分をまずは明確にする必要があります。

 

その上で必要な内容を1年ぐらい継続的にアウトプットしていく必要があります。

受験勉強が苦ではない人には向いていますね。あと自走力がある人。

 

給料が下がる

新卒で開発会社に入るならまだしも、

中途採用で未経験ということであれば多少は給料が下がるのではないでしょうか。

 

ここを勉強期間だと割り切れるかどうかは一つ重要になってきます。

研修がしっかりしている所であれば学びながら給料もらえるんだから良いと考える人もいるかもしれません。

 

なりたいエンジニアの給料レンジがどれくらいなのかは知っておかないと後々もっと稼げると思ってたとなりかねないので舵を切る前にきちんと調べておきましょう。

 

 

リモートワークで病まないか

エンジニアという職業はフルリモートでも対応できる職種です。

 

未経験からの転職だとあまりイメージしずらいかもしれませんが、リモートワークだと下記のようなメンタルに影響を及ぼす要素が存在します。

  • オンオフの切り替えができない
  • ついつい残業してしまう
  • 身体の不調
  • コミュニケーション不足(雑談がない)

 

この部分と上手く付き合っていける性分かどうかも考えましょう。

 

キャリアを考えよう

「リモートワークもできて稼げそう」というネットのイメージだけでプログラミングスクールに通い始める人も多いです。

もちろんエンジニアは稼げる職種であると思いますが、

エンジニアになって何がしたいのか。

 

どういうキャリアアップをしていきたいかまで考えておくと道中も楽しい旅ができます。

楽しく働けるのが一番ですからね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は未経験からエンジニアへの転職はぶっちゃけきついという内容をご紹介しました。

  • 継続的な自己学習
  • 初期の給料ダウン
  • エンジニアになる目的
  • リモートワークの弊害

上記と上手く付き合っていけるというタイプであればエンジニアは天職です。

まあでもそこそこ稼げるという理由でも多少はなんとかなりますね。

 

未経験からエンジニア転職についてはこちらもどうぞ

エンジニア転職 失敗
未経験者がエンジニア転職で失敗してしまうポイントとは?

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かわさき

26歳|エンジニア|奨学金200万円返済中|ミニマルデザインなアイテムが好き。断捨離、スキルワーク、ライフハックについて発信しています。

-プログラミング
-,

Copyright© SUKE BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.