パソコン,初心者

動画編集

【初心者向け】動画編集用にパソコンを購入するときのポイント

3月 8, 2021

動画編集に必要なスペックが分からない。どんなパソコンがあれば良いだろうか・・・。

 

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

 

CPU

メモリ容量

ストレージ

デスクトップPCかノートPCか

 

 

私が使用しているスペックは下記です。

 

CPU Intel Core i7
メモリ容量 16GB
ストレージ SSD 512GB
PCタイプ デスクトップPC

 

順番に解説していきます。

 

 

CPU

 

PCの8割の性能がCPUで決まると言っても過言ではないほどPCにとって重要なパーツです。

 

基本的にはIntel社の Core i7以上であればパワーも申し分ないでしょう。

 

 

 

メモリ容量

 

メモリが大きいというのは、簡単に言うとモノを広げる机の大きさをどれくらいにするかというイメージです。

 

メモリが大きければ大きいほど、同時に進められる処理が増えるのでソフトがサクサク動くという訳です。

 

PremiereProなどの有料ソフトを使って動画編集をする場合は16GBは最低限必要になるでしょう。

 

予算に余裕があり、本格的に動画編集で稼いでいきたいという方には32GB〜64GBを搭載しても良いかもしれません。

 

 

ストレージ

 

ストレージにはSSDとHDDと大きく2種類あります。

 

 

SSDは読み込み速度が速いのですが、金額が高いのと、落としたときの衝撃に弱いと言われています。

 

HDDは容量が大きい1~3TBのものが1万円程度で購入できるため、SSDに比べると比較的安価です。

 

ノートPCの場合はストレージを後から増設することができないので、大容量で積んでおくと良いでしょう。

 

ただ外付けHDDに保存もできますので、予算と相談ですね。。。

 

 

デスクトップPCかノートPCか

 

そして最後は端末の種類ですが、こちらも目的によって選びましょう。

 

本格的な映像クリエイターになりたいのであれば、デスクトップPCがおすすめです。

 

YouTubeにアップロードする用の動画編集であれば、ノートPCでも十分です。

 

持ち運びしたいという方にはMacBookProなどはおすすめです。

 

金額については、同じスペックでデスクトップPCとノートPCを比べた場合にはノートPCの方が高いので、用途に応じて選択しましょう。

 

 

まとめ 初心者向け動画編集のパソコン

 

いかがでしたか?

 

今回は動画編集初心者向けのパソコンを選ぶポイントについて解説しました。

 

 

まず必須の性能としては、下記です。

 

CPU Intel Core i7
メモリ容量 16GB

 

その上で、予算と用途に合わせてストレージの容量とデスクトップにするのかノートにするのか選んでいきましょう。

 

動画編集を始めるならこちらもどうぞ

動画編集,おすすめ教材
【完全初心者向け】動画編集おすすめ教材3選

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すけまる

26歳|ライフハックエンジニア 将来への不安からブログを書き始める。 エンジニア転職|奨学金200万円返済中|『人生の不安を取り除きラクに生きる方法』を書いてます

-動画編集
-, ,

Copyright© SUKE BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.