仕事・転職

次世代Webブラウザ『Brave』とは?

3月 15, 2022

広告がうざい。ブロックをしたいけどいい方法ないかな?

こんな疑問に答えます。

 

結論:Braveが便利です。

次世代ブラウザ『Brave』って何?

開発したのはJavaScriptなどを開発したブレンダン・アイクです。

ユーザー向けに「Brave」から配信されるプライベート広告をみることで仮想通貨を謝礼として受け取れる仕組みになっているため、広告主との新しい関係がテーマになっています。

 

・広告がブロックできる

アドセンス広告やYoutubeを視聴中に差し込まれる広告もブロックされるので快適につかえる。

広告がブロックされる結果、webページの読み込み時間も速い。

ちなみに広告のブロックはChromeの拡張機能AdBlockを使えば出来る。。
後述するメリットが不要な方はChromeでも問題ないでしょう。

 

・ネットサーフィンでお金が稼げる

bitflyerを連携しておけばBATという仮想通貨が貯まります。

1ヶ月使えば大体200円くらいになると思います。

ネットサーフィンをしてるだけでですよ。これを安いと捉えるか高いと捉えるかはお任せします。

 

・Chromeやsafariなどのブックマークがインポートできる

元々使っているブラウザからの切り替えは簡単です。

ブックマーク、履歴のチェックを入れてボタンを押すだけでBraveに引き継ぐことができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は新しいインターネットブラウザ「Brave」についてご紹介しました。

単なる広告ブロッカーであればChromeの拡張機能AdBlockで十分ですが、「Brave」から配信される広告によって仮想通貨を受け取れるという仕組みが新しいです。

ブロックチェーンについて勉強している人などは試してみてください。

 

DLはこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かわさき

26歳|エンジニア|奨学金200万円返済中|ミニマルデザインなアイテムが好き。断捨離、スキルワーク、ライフハックについて発信しています。

-仕事・転職
-,

Copyright© SUKE BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.